2017年04月08日

珍客来訪!

こんにちはかわいい

カメ仙人こと、嘉陽氏から
見た事ない鳥がいるよ〜!との情報で奥間ターブクへ…!

まだ植え付けされていないイグサの水田には
白黒ツートン模様の一羽のシギが…。

CIMG9283.jpg

CIMG9326.jpg

CIMG9296.jpg

よ〜くよく見てみると、クチバシが上方向へ反り返っています!

CIMG9315.jpg

CIMG9344.jpg

この変わったクチバシのシギは「ソリハシセイタカシギ」。
国内でも稀な旅鳥や冬鳥だそうです。

広い水田で、たった一羽…
首まで頭を水中に突っ込みエサ取りに余念がありません。

しっかりエサを食べて、体力付けて旅立ってほしいですね。

無事に旅立ちまで、そっと見守っていきたいと思います。

by,Nao







posted by yambaru at 00:00| 日記

2017年04月04日

「イタジイの森」無事発行!

こんにちはかわいい

年度末の慌ただしさを何とか乗り越えて、
H28年度Naoの目標の一つだった
協議会ニュースレター「イタジイの森(Vol.35)」を
無事発行する事が出来ましたぴかぴか(新しい)

http://www.ufugi-yambaru.com/shiryou/news-Itazii.html
ぜひ、こちらからご覧ください。

今回の「イタジイの森」は、何と(2009年11/26発行のVol.34から)
8年ぶりの復活となりま〜す(*^_^*)♪

過去の発行物を見てみると

CIMG9628.jpg
記念すべき第一号は、2000年12月25日発行。
センター開館(1999年(H11))の翌年です。

CIMG9629.jpg
開館一年目の活動紹介。

CIMG9630.jpg
一周年記念の中庭コンサート♪
Naoも、一般参加者としてこの場にいました(*^_^*)。

CIMG9613.jpg
回を重ね…

CIMG9615.jpg
更に時を重ね…

CIMG9616.jpg
今回の「Vol.35」へと繋がりました。


やんばる地域の節目となる大きな出来事もたくさん紹介されてます!

CIMG9618.jpg
「やんばる学びの森」グランドオープン

CIMG9619.jpg
「オキナワトゲネズミ」再発見!

CIMG9621.jpg
「マングースバスターズ」結成!

CIMG9626.jpg
リニューアルに向けての閉館と愛称募集の呼びかけ

今回Vol.1から「イタジイの森」バックナンバーを開き
改めて、地元の方と作り上げてきた「やんばる野生生物保護センター
『ウフギー自然館』」の17年の歴史を辿る事ができました。
記事の内容に、懐かしさと感動でいっぱいです。
そして、この施設に対する思いや役割もヒシヒシと感じました。

新生「イタジイの森」も、「やんばる自然体験活動協議会」「ウフギー自然館」と
地域の皆さまをつなぎ、協議会の活動の様子や季節の生きもの情報、
やんばるの魅力とその価値など、多くの皆さまと共有できる紙面にして
いきたいと思っています。

たくさんの皆さまが、気楽に手に取り、目を通してくれる
親しみのあるニュースレターになってくれたらいいな〜…♪

「イタジイの森」は、今後3村(国頭村、大宜味村、東村)の
皆さまに全戸配布される予定です。

末永く可愛がって頂きますよう、
どうぞよろしくお願い致します(*^_^*)。

館内にも自由に閲覧、持ち帰りできるように配架してますので
機会があれば、ぜひ目を通されてみて下さいね。

次回「(Vol.36)夏号」…、
夏休み前の発行を目指すぞ〜!

皆さまからの、やんばるの身近な自然情報・イベント情報
気軽にお知らせ下さ〜い(^O^)/!

by.Nao
posted by yambaru at 00:00| 日記

2017年02月15日

清里キープ協会研修へ!

こんにちはかわいい

久々の県外派遣研修参加…!

今月8日〜10日の三日間、山梨県清里キープ協会の
「第60回インタープリターズキャンプ(体験学習法)」に
参加してきました〜(*^^)v。

DSC_1578.jpg

メンバーは…、
やんばる学びの森の大城和也くん、
おおぎみまるごとツーリズム協会の稲福凜さん、
と、Naoの3人!

DSC_1667.jpg

高速バスから見る雄大な景色に目を見張りつつ
雪の降り積もる清里に到着〜♪
Naoは2回目、
和也くん、凜さんは初めての清里・キープ協会です。

DSC_1679.jpg

まずは無事清里入りの記念に一枚…(笑)!
高速バスを降りた清泉寮で、スタッフで友人のKさんと
ポール・ラッシュ像を囲んで!

CIMG0956.jpg

今回の研修では、参加者・スタッフ含め23名のメンバーで
寝食を共にした3日間を過ごします。

清里は、氷点下…
雪・ゆき・ユキ…、見渡す限り雪だらけの世界でした。
雪にまみれた3日間の様子を、写真でご紹介しま〜す(^_^)/

CIMG0957.jpg
まずは講義。

DSC_1694.jpg
講義の後は、最初の野外実習へ!

DSC_1698.jpg

DSC_1697.jpg

DSCF5854.jpg

DSC_1720.jpg

DSC_1727.jpg
研修会の会場は、キープ自然学校。

DSCF5868.jpg
夜の懇親会は、全国各地からの手土産でいっぱい!
カラギ茶、シークワーサー果汁、ちんすこうなど沖縄土産も大好評♪

CIMG0968.jpg
翌朝は7時から実習!

CIMG0973.jpg
雪の結晶

CIMG0986.jpg

CIMG0989.jpg

CIMG0991.jpg
雪の降り積もる寒さの中、ロウバイの蕾はぷっくりふくらんで…。

DSCF5852.jpg
生きものの痕跡

CIMG0998.jpg
やんばる組も、寒さに負けず元気です!


朝食の後、2日目の研修スタート!
2日目はプログラム作りと実践です。

DSC_1795.jpg
雪が降りしきる氷点下の寒さの中、実習です!

CIMG1001.jpg
雪も何のその…、実践スタート!

CIMG1006.jpg
チームに分かれ、それぞれのプログラムを体験し評価し合います。

CIMG1026.jpg

CIMG1015.jpg

CIMG1032.jpg

CIMG1029.jpg
妖精探しで見つけた命名「雪灯し」。

CIMG1034.jpg

CIMG1037.jpg

DSCF5921.jpg


食事は3食全て、キープ協会の農場・牧場で作った作物や乳製品を使用。
最高に美味しかった〜♪
DSC_1789.jpg

DSC_1791.jpg

DSCF5895.jpg


びっしりのスケジュールの中ですが、せっかくの雪なので…、
やんばる組はわずかな休み時間も惜しみ、外で雪遊び(笑)!

DSC_1760.jpg

DSC_1761.jpg

DSC_1765.jpg

DSC_1777.jpg

DSC_1785.jpg

DSCF5951.jpg

あっという間に最終日

DSC_1786.jpg

DSC_1861.jpg

DSC_1866.jpg
お互いで修了証書授与

集合写真2.jpg
全員で記念写真

3日間、試行錯誤しながら全国の仲間と共に講義と実習でじっくりと
インタープリテーションについて学ぶ事ができました。
そして、沖縄では触れることもない雪の世界を
思いっきり体験した貴重な3日間でした。
関係者の皆さま、ありがとうございました。

それぞれの場で、キープ協会の三日間で学んだ事を還元していけるよう
やんばるの地で頑張っていきましょう(^O^)/!

Areceived_1839282803009322.jpeg

全国の仲間と交流できたことも大きな収穫!
同期の皆さんと、またいつか会える日を楽しみに…♪

DSC_9600.JPG

※詳しい報告書もあります。
興味ある方はお声かけください。

by,Nao


























posted by yambaru at 00:00| 日記

2017年01月17日

驚異のアカマタ!!

こんにちはかわいい

寒波の影響で、沖縄にもやっと冬らしい寒さが
訪れました。

今月末は、日本一早い名護市の桜まつり…!
暖冬のせいか、桜の花の咲き具合が今一つですが
この寒さで一気に咲いてくれるのを期待したいですね。

で…、桜とは全く関係ありませんが(笑)
ウフギー自然館では今週末20日(金)18:30〜講演会を開催します。

何の講演会かと言うと…
「ウミガメをめぐるアカマタ達の戦略」!!

170120akamata.jpg

世界的にも珍しい「ウミガメの卵や子ガメを食べる」沖縄のアカマタ。
夜の砂浜で、砂の中に頭(時には体全体)を潜りこませ、
卵や子ガメを探し出し捕食するという驚異の生態…!

琉球大学在学中、
ウミガメの調査中に目撃したアカマタの不思議な行動に興味を持ち始め、
本格的に研究を行うため京都大学大学院に進学した松本和将くん。

昨年4月以降の最新の調査でわかってきた新たな生態を
松本君に紹介してもらいます。

彼の主な調査地は国頭村奥区の砂浜。

今回は、地元の皆さんへの報告会を兼ねた講演会となっています。
ぜひぜひ多くの皆さんに参加して頂き、アカマタの行動について
情報交換をできればいいなと思います。

無毒だけど性格が荒く凶暴だと言われるアカマタ。
はたして、どのような知恵や戦略で砂中のウミガメの卵を手に入れるのか…。

アカマタ.jpg

夜の砂浜で発揮されるアカマタのジンブン(知恵)を知ると
彼らを見る目が変わるかも〜…(^_-)!

皆さま、ぜひお気軽にお越しください!

by.Nao









posted by yambaru at 17:41| 日記

2017年01月07日

お山の上での表彰式

こんにちはかわいい

今回は随分と間があいてしまいましたが…、
先日のイベント「落ち葉集め&外来植物駆除ボランティア作業A」の
スタート前に「やんばる写真展2016」の表彰式を行いました。

表彰式に参加された入賞者の方は3名!
落葉集めイベントに参加される皆さんに見守られる中、
やんばる自然体験活動協議会会長の宮城功光大宜味村長から
表彰状と記念品を受け取りました。


【自然の造形賞】金城和道さん
金城さん.jpg

自然の造形賞美しい水色(小).jpg
「美しい水色(オキナワイシカワガエル)」


【自然の色彩賞】宮城幸子さん
宮城さん.jpg

自然の色彩賞ピンクの海(小).jpg
「ピンクの海(サンゴの産卵)」


【シャッターチャンス賞】眞志保義夫さん
眞志保さん.jpg

シャッターチャンス賞ヤンバルクイナ(小).jpg
「ヤンバルクイナ」


表彰式.jpg
宮城会長と一緒に記念撮影!
(大宜味村の広報に載るかもよ〜…(笑))

入賞者の皆さん、遠く辺野喜の山中まで来て下さって、
本当にありがとうございました。

せっかくの良いお天気の山の中…、
皆さんイベントに参加して、いい汗を流して下さいました♪

P1120604(小).jpg
ありがとうございました〜♪

また次回の写真展へも、ぜひご応募下さ〜い(=^・^=)!

by.Nao




posted by yambaru at 15:24| 日記

2017年01月01日

新年おめでとう

こんにちはかわいい

あけましておめでとうございます。

1483410504801.jpg

やんばるは、晴天の元日を迎えました。

今年も、たくさんの皆様との出会いと触れ合いを楽しみにしています。

1483410517679.jpg

2017年も、
やんばる国立公園、ウフギー自然館をどうぞよろしくお願い致します。

by.Nao
posted by yambaru at 00:00| 日記

2016年12月30日

年の瀬

こんにちはかわいい

やっと寒くなったかと思ったら、
またまたクーラーが必要な程の暑さになったり
気候はコロコロ変わっていますが、
変わらず年の瀬を感じさせてくれるキビ刈り風景…。

DSC_0839.JPG

DSC_0841.JPG

DSC_0837.JPG

今年も残り後一日…。

昨日の続きの今日ですが、
なぜか気持ちが引き締まる年の瀬…。

2016年も、たくさんの出会いと笑顔と笑いに溢れる一年でした。
そして、たくさんの皆様にお世話になりました。
ありがとうございました。

ウフギー自然館、年明けは1月4日(水)より開館です。
2017年も、多くのみなさまのご来館を心よりお待ちしています。

来年も、どうぞよろしくお願い致します。

by.Nao
posted by yambaru at 22:36| 日記

2016年12月25日

Xmasの天使

こんにちはかわいい

2年に一度、Xmasの頃に発生する「ケブカコフキコガネ」。
なかなか出会えない虫でしたが、
今年は意外にもよく見られるようです。

Xmasの本日、
まさにプレゼントのように姿を見せてくれたこの子!

CIMG0557.JPG

夜行性なので、大きなかっこいい触覚は閉じたまま…。
なぜかコロンコロンとひっくり返ってばかりいます(笑)。

CIMG0555.JPG

また次は再来年だね。
2年後も、元気に姿を見せてくれますように…。

CIMG0560.JPG

それにしても、
やっぱり胸元のモフモフが、似てるよね〜…。

CIMG0573.JPG

ヒカゲヘゴの新芽…(笑)!


by.Nao
posted by yambaru at 00:00| 日記

2016年12月24日

落ち葉集めボランティアA

こんにちはかわいい

クリスマス前の3連休初日のボランティアイベント!

20161218_151604.jpg

天気にも恵まれ、充実した奥山での一日を過ごせました。
今回は、最初から2班に分かれての作業です。

【落ち葉集め班】
CIMG0480.JPG

CIMG0534.JPG

CIMG0535.JPG

CIMG0533.JPG

CIMG0510.JPG

CIMG0502.JPG

CIMG0515.JPG

DSC_0858.JPGDSC_0858.JPG

CIMG0547.JPG


林道上には、フカフカの落ち葉がたくさん!
クイナたちへのXmasプレゼントをたっぷり集めることができました。


【外来植物駆除班】
CIMG0482.JPG

DSC_0798.JPG

DSC_0838.JPG

DSC_0793.JPG

CIMG0529.JPG

DSC_0805.JPG

CIMG0499.JPG

施設の隅っこの外来植物アメリカハマグルマの群生を、根こそぎ引き抜く駆除作業!
皆さんの頑張りで、こんもりした群生が跡形もなくなりました。


☆はるばる辺野喜の山奥まで作業に参加して下さった皆さま、
☆快く施設を貸してくださったオーナー、管理人さま
☆参加者の案内とお弁当の配達で、遠くまで2往復もしてくれた観光案内所のKくん、
☆たまたま現場で寛いでいたところにお邪魔した挙句、温かい紅茶を振る舞って頂いたT先生
☆割引チケットを提供して下さったYuiカフェさん
☆おやつ&お土産用にバナナを房ごと持って来て下さったMさん

皆さま、本当にありがとうございました。

参加してくださった皆さんの活躍で、クイナケージ用の落ち葉もたっぷり集まり
アメリカハマグルマの群生もなくなり、すっきりサビサビー(清々しい)となりました。

穏やかな晴天の下、作業で汗を流し、
各地から参加した方々とのユンタクもはずみ
見つけた生きものに歓声をあげながら
やんばるの山奥で、過ごしたゆったりとした時間…♪

CIMG0526.JPG

参加された皆さんにとって、
素敵なXmasイブイブになってたなら 嬉しいな…(*´艸`*)♪

P1120604.jpg

※7/17の記事「落ち葉集めボランティア」も、ぜひご覧ください。
http://blog.ufugi-yambaru.com/s/article/176706241.html

by.Nao
posted by yambaru at 23:17| 日記

2016年12月02日

2016年02月07日更新記事 “食べ散らかすのは…?”の答え合わせ


こんにちは晴れ上ARです。
私からのブログの更新は、すごーく久しぶりです。

さて、今年のやんばるは、台風の接近や直撃がなくてとても暑い夏でしたあせあせ(飛び散る汗)
10月には季節風のミーニシ(新北風)が吹き始めましたが、また暑くなったり…を繰り返し、
11月中旬からやっと肌寒いと思える日が増えてきました。

1年中、緑豊かなやんばるですが、涼しくなってくるとちゃんと景色に秋が感じられるんですよ。
161129satoukibi.jpg
肌寒いなぁと感じるころになると、サトウキビの花が咲き始めます。
ウフギー自然館へ向かう途中のサトウキビ畑でも、フワフワと柔らかそうに白銀色の穂がゆれています。
背景にはセンダンの実が黄色く熟しているのが見えますね。

こんな景色がやんばるの秋です。

ウフギー駐車場のセンダンも、黄色く色づいています。
161202.jpg
台風が来なかったおかげなのか、大豊作exclamation

このセンダンの実は、野鳥にとっては冬のごちそうです。
どんな鳥がやってくるのでしょうか…?
前年の冬の様子を紹介します。

IMG_6378シロハラ.JPG
シロハラ(冬鳥)
11月後半になると沖縄にやってくる渡り鳥。“ポァポァ、クワァワァっ”のような丸っこい声で鳴くので、方言名でクァックァラーと呼ばれています。
センダンの実が大好きで、多い日は10羽以上の群れで食べに来ます。
真ん中のシロハラは、左のコに実をとられそうになったのか、怒ってました。
その右下では、バレない様にこっそり丸のみ…

枝に実がなくなると、落ちている実を探します。
IMG_6735シロハラ地面.JPG
美味しいのあるかな…。

IMG_6738シロハラ地面.JPG
あったるんるん

次にやって来たのはリュウキュウヒヨドリ(留鳥)
IMG_6784Rヒヨドリ.JPG
方言ではスーサー、プーシーと言われています。
シロハラより少し小さくて、なかなか上手に実がとれません。

そんな時は…
パクっとくわえて…
IMG_6797つまむ - コピー.JPG

グイーっと飛びながら引っ張ってとります。
IMG_6798飛ぶ - コピー.JPG

冬は、このリュウキュウヒヨドリ以外にも内地から渡って来るヒヨドリも見られます。
IMG_6818ヒヨドリ.JPG

リュウキュウヒヨドリよりもちょっと大きくて、胸のこげ茶色がありません。
違いがわかりますか?


お次にやって来たのはタイワンシロガシラ(外来種・留鳥)。
IMG_6750シロガシラ.JPG

ヒヨドリに近い仲間ですが、これまた体がひと回り小さくて実を上手く採れないので…

IMG_6763シロガシラ食べる.JPG
お上品に枝についたまま果肉を食べます。

センダンを食べるシロガシラはヒヨドリに怒られ…
IMG_6808シロガシラヒヨドリ.JPG

そのヒヨドリはシロハラと実をとりあい…
IMG_6810ヒヨドリシロハラ.JPG

センダンの実は大人気ですね。

おや、ハシブトガラスがやってきました。
このこもセンダンの実を食べるんでしょうか…?
IMG_6352ハシブトガラス.JPG

センダンの実よりも大きくて黄色い実を持ってきました。
IMG_6304カラスミカン.JPG

ん…?
IMG_6303カラスみかんを食べる.JPG

これは…。
シークァーサーですね。

そう、2016年02月07日の“食べ散らかすのは…?”の答えは「ハシブトガラス」でしたーexclamation

タイトルから答えまで、かなりもったいぶってしまいましたが、ウフギー自然館にやってくる鳥たちの様子をちょこっと知ってもらえましたでしょうか?

今季の冬も、ウフギーのセンダンではこんなドラマ(?)が繰り広げられることでしょう。
ぜひ、ウフギー自然館に遊びに来て下さいね。
上ARでした目
posted by yambaru at 16:57| 日記