2012年12月28日

あと3日…!

こんにちはかわいい

2012年もあっという間に、残りわずか…。
皆さま、慌ただしい毎日をお過ごしの事と思います。


やんばるでは、清楚な「ヘツカリンドウ」の花が咲き始めました。

DSC05357.jpg
(国頭村にて)

DSC05407A.jpg
(東村にて)

DSC05345.jpg
(国頭村にて)


「オキナワテイショウソウ」も、山の奥深くで花の盛りを迎えています。
DSC05410A.jpg
(東村にて)


今週は、早くも冬休みに入った子ども達や年末の旅行を楽しまれる方々が
たくさん来館されました。
そして、今週もスタンプラリー「金賞」ぴかぴか(新しい)の方が…!!

P1110688.jpg

香川県からいらした好井さん。
元気いっぱいの明るく賑やかな3人組で来館され、「触れる仮剥製!」のヤンバルクイナや
ケナガネズミとも記念撮影をしました。
3人とも「やんばるクイズ(上級編)」に挑戦し、「ただ見るだけでなく、こうしてクイズに
したら勉強なるわぁ〜!」との感想が聞こえました。

まさに狙い通り…!!
ありがとうございま〜す。

皆さまの声が励みになった2012年、来年もますます多くの方に喜んで頂けるよう、
そして「やんばる」を好きになって頂けるよう、試行錯誤しつつスタッフ一同頑張りたいと
思います。

来館された皆様、応援して下さった皆様、関係者の皆様…、
今年一年、どうもありがとうございました。
来年も皆様にとって、素敵な出来事がたくさん訪れる、佳い一年になりますよう…。
2013年も、ウフギー自然館をよろしくお願いいたします。



DSC05470.JPG

やんばるでは、もう桜(カンヒザクラ)が咲き始めてますよ。


by.Nao





posted by yambaru at 17:38| 日記

2012年12月16日

記念の100個目!!

こんにちはかわいい

今日も晴天、とて過ごしやすいお天気でした。

DSC05388.JPG
今日のウフギー…、何だかさらに素敵な雰囲気ですぴかぴか(新しい)

DSC05390.JPG
サシバが3羽、空高く飛んでいました。

今日初めて来館した親子が「やんばるクイズ」に挑戦、スタンプラリー銅賞となった男の子が
記念品をもらい、とても喜んでいました。

あと残り数カ月となった最近、スタンプラリーに参加されてる方が多く来館するようになった…
気がします。

何と先週は、驚きのexclamation×2スタンプ100個目の方が来館されました!
100個というと、ラリーシート10枚を満タンにしたんですよ〜!
すごい!!

八田さんA.jpg

東京からいらした八田さん、本当におめでとうございます。
八田さんは、写真の通り手帳型ゴールド認定証にもスタンプを押し、さらにその地の郵便局で
記念切手を購入、ハガキを送り、その切手のコピーもスタンプと並べて収集しています。
お見事!! パチパチパチ…、素晴らしいですね。
主催者の予想をはるかに超える、楽しみ方ではないでしょうか。

八田さん@.jpg

10個目となる記念品も、満面の笑みで受け取って下さいました。

ツーデーマーチ参加のため、全国に出かける機会が多いとの事ですが、
出かける楽しみが2倍3倍に広がりますね。

「100箇所達成認定証」は、もう受け取りましたか。
せっかくですので、また新しいシートで3月まで楽しんで下さいね。



100個目の記念の枠に
クイナスタンプJ.jpg

ウフギー自然館の、この「クイナスタンプ」を押せて光栄です。

事務所にいたスタッフ一同も、大喜びで飛び上がって八田さんの100個目を祝いました。
「たくさんの人にこんなに喜んでもらって、ここで100個目で良かった」と
おっしゃって下さいました。

八田さんに喜んでもらえたのが、スタッフ一同何よりうれしかったです。

ぜひ、またのお越しをお待ちしています。


by.Nao









posted by yambaru at 18:50| 日記

2012年12月15日

サイコロの旅

こんにちはかわいい

今日は寒さも緩み…、(どころではなく)暑いくらいの晴天晴れでした。
子ども達は皆な半袖姿で来館、外より2℃ほど低いセンター館内でも元気に過ごしていました。

こんな日のやんばる路ドライブは、最高ですよねるんるん


天気のいい休日は、たくさんの方が来館されますが、先日はとてもユニークな旅をしている
という若者たちがやってきました。

沖縄大学OB&OGの5人組exclamation
何やら、大きな手作りサイコロを持ち、出た目の数で次の目的地を決めるという
気ままでアバウトな旅を、とぉ〜っても楽しそうに続けていました。
前日宿泊した民宿「海山木」(国頭村奥区)で振ったサイコロで、「ウフギー自然館」行きが
決まったそうです。

DVD「やんばるの森」を見て、「やんばるクイズ」に挑戦し、たっぷり館内の展示を
見学しましたが、その最中もずっと記録映像を撮り続け、クイズの回答などで細かく
評価をつけ今回の順位を決めると…、
何と毎回その回のビリの人に罰ゲームを課すのだそうです!
罰ゲームの内容も、その場で決めるとか…。

DSC05198.JPG

さてさて、罰ゲームとなった男の子…。センター正面で何やら演じています…。


DSC05199.JPG

ずばり!! ヤンバルクイナの物まねだそうです!
そして、発見者に捕えられました〜!(本物は捕ってはいけませんよ)

評価を求められたので、65点にしておきましたわーい(嬉しい顔)
ぜひ、練習を積んでまた皆でウフギー自然館に遊びに来てくださいexclamation

DSC05200.JPG

大学を卒業しそれぞれが違う道を歩んでいても、こうして時々仲間と楽しい時を過ごせるって
いいですね。
サイコロや罰ゲーム、ビデオ撮影など、自分たちで企画して楽しさを盛り上げているのが
いいなぁるんるんと思いました。

「沖大OB・OG愉快なサイコロの旅」の皆さん、ひと時、旅の仲間に入れてくれてありがとう!
それぞれの職場で頑張って下さいね。

そしてぜひ、次回の旅の「目」にも「ウフギー自然館」を入れて下さ〜い。


お別れの後彼らは、また次の目的地を決めるべく
大きなサイコロを振っていたのでした…。


by.Nao

posted by yambaru at 20:12| 日記

2012年12月03日

野鳥救護


こんにちはかわいい

先日の新聞に、二期作の稲刈りを終えた名護市の羽地ターブックァ(水田)に、
国の天然記念物「ヒシクイ」が飛来したとの記事がありました。

同じく刈入れの済んだ奥間ターブクでも、アカハラ、シロハラ、ツグミ、ホオアカ、
アトリ、スズメ、バンなど、様々な鳥が観察できるようになりました。

そして…、センター近くの田んぼでは、こんな場面も!目

DSC05301.JPG

ひたすら餌をついばむ、ものすごい数のカラス!!
(これは記事に…、ならないですねあせあせ(飛び散る汗)

センター周辺では最近、キセキレイやシロハラ、メジロがよく見られるます。

ベニツツバナとメジロ.jpg
ベニツツバナにとまるメジロ


が…、その分残念ながら、窓ガラスへの衝突事故も増えています。

先日も、シロハラが窓ガラスにぶつかり脳震盪を起こしベランダに落ちているのを発見!

DSC05112.JPG
すぐに気が付き元気もあり!

DSC05118.JPG
ケガが無いかを確認中!

DSC05122.JPG
無事放鳥! 元気に森に帰って行きました。


残念ながら、死んでしまったのを発見される場合もあります。

ケガや衰弱のため、動けない状態で保護され運び込まれる生き物もいます。

野生生物(県内に生息する在来の鳥獣および渡り鳥)が傷病等により、
自力で生息できない状態で発見された場合は、沖縄県から指定された野生動物ドクター
(野生生物救護獣医師)へ連絡を取り、治療してもらいます。
※ただし、所有者のある鳥獣、野良犬、野良猫、ネズミ(ドブネズミなど)、海棲哺乳類、
 外来生物を除く


先月は、アオバズク、サシバ、クサシギ、ゴイサギ、等々が救護で運び込まれました。

クサシギ.jpg
クサシギ

アオバズク.jpg
アオバズク

ゴイサギ.jpg
ゴイサギ


連絡を下さった方、運び込んで下さった方、丁寧に診察・治療して下さる先生方…、皆さんの
「このままほっとけない」思いで、野生の生き物たちが保護されています。


野生の生き物たちが、できるだけ人間の影響の少ない自然な状態で伸び伸び生きていけるよう
一人ひとりが、ちょっとした気遣いをしていけたらいいですね。
車のスピードを緩める、ぶつかりそうな窓ガラスにシールを張る、草刈り・片づけなど(生き物が
近づかない)環境を整える等々…。




先日、大国林道の水場近くに植物観察のため車を止めていると、かわいいキセキレイが
熱心に車内を覗き込んでいました。

キセキレイ.jpg


2キセキレイ.jpg


野生の生き物も人も、お互いに“ほどほど”の距離を保ちながら生活し、
観察(?)しあえたらいいですねるんるん



by.Nao


















posted by yambaru at 13:18| 日記

2012年12月01日

間もなくですよ〜!


こんにちはかわいい

いよいよ師走に突入ダッシュ(走り出すさま)

月日が経つのは早いものです…。
楽しかった(はずの)夏の記憶がおぼろげになっているのはNaoだけでしょうか…あせあせ(飛び散る汗)

さて、先週の3連休は皆さん楽しく過ごせましたか。
ウフギー自然館も、連休となると来館される方が多くなりますが、今回久々に
スタンプラリーの金賞が出ました〜ぴかぴか(新しい)(当たりじゃないって!)

DSC05132.JPG

東京からお越しのTさん、おめでとうございます!
ブルーのアルミボトルと、残り少ない手帳タイプのゴールド認定証を
とても喜んで下さいました。

再度、1個目から金賞目指してチャレンジを!!…、と言いたいところですが、残念ながら
「全国自然いきものめぐりスタンプラリー」は来年3月で終了ですたらーっ(汗)

ラリーシートをお持ちの皆さん、ぜひスタンプ&シールの数を確認されてみて下さい。
3個(銅賞)、5個(銅賞)、10個(金賞)でステキな記念品がもらえますよ。
ちなみにやんばるでは、当ウフギー自然館と「やんばる学びの森」でスタンプがもらえます。
(沖縄本島内では、「漫湖水鳥湿地センター」を含め3カ所です)


クイナスタンプJ.jpg
ウフギー自然館の「ヤンバルクイナ」スタンプ


ナミエスタンプJ.jpg
やんばる学びの森の「ナミエガエル」スタンプ



ウフギー自然館の「やんばるクイズ」、学びの森の「ガイドツアー」への参加で、スタンプラリーに
カウントできるシール(スタンプと同じ図柄)ももらえます!。
シールは「体験プログラム」に参加することで何枚でももらえますので、お近くの施設で
色々挑戦されてみてはいかがでしょうるんるん


ラリー参加中の皆さん、3月の終了までたっぷりと「スタンプラリー」を楽しんでくださいね。


東京のTさ〜ん、ちゃんと職場で「金賞記念ボトル」使っていますか〜?


by.Nao

posted by yambaru at 19:50| 日記

2012年11月27日

祝・環境大臣賞受賞!


こんにちはかわいい

今日は、嬉しい報告から…るんるん

先日の「喜如嘉ターブク野鳥観察会」でお世話になった喜如嘉小学校のこれまでの活動が、
26日(月)に環境省で行われた「第47回野生生物保護実績発表大会」(主催・環境省、日本
鳥類保護連盟)で見事…!最高賞の「環境大臣賞」を受賞しましたぴかぴか(新しい)
パチパチパチパチパチ…手(チョキ)

長年の、地道な活動の積み重ねが大きな評価を受けたものです。
本当に本当に、うれしく思います。


10月21日(日)に行なわれた「喜如嘉ターブク野鳥観察会」でも、30名の一般参加者を
喜如嘉小児童と、卒業した中学生たちが、見事に案内、解説してくれました。

出発式.jpg
出発前の開講式

解説1.jpg
解説中!


観察2.jpg
望遠鏡をセッティングし、初めての男の子に親切に教えてます。

何が見えた?.jpg
何が見える?

バズーカ担当.jpg
バズーカ担当、頑張ります!

セイタカシギ.jpg
たくさんのセイタカシギが群れていました。

観察4.jpg
多くの野鳥に大人も大興奮!

全体会1.jpg
学校に戻って、全体会「鳥合わせ」

全体会2.jpg
確認した野鳥を、グループごとに発表

全体会3.jpg
グループのリーダーとしても頑張りました。


鳥合わせ1.jpg
確認した全ての野鳥を書き留めます


鳥合わせ2.jpg
さらに「科」ごとに分類! すらすら答える喜如嘉っ子に、一同あぜん…!!


鳥合わせ1.jpg
こんなにたくさんの種類の野鳥を確認!



鳥合わせ2.jpg
この通り、わずか2時間ですごい数(種類)の野鳥が確認できました。
(発表後に中学1年の先輩からするどい指摘があり、15科28種に訂正)

野鳥の多さとともに、喜如嘉ターブクの環境の素晴らしさに感動した観察会でもありました。



野鳥の観察活動を続けて25年にもなる喜如嘉っ子は、自然豊かな素晴らしい環境の下、
指導して下さる地域の方、先生方に見守られ、先輩から後輩へと活動と記録が引き継がれ、
当たり前のように、日々野鳥との触れ合いを楽しんでいます。

目の前のターブク(水田)には、季節ごとの様々な渡り鳥が訪れ、校内にはサギが遊び、
ノグチゲラが訪れる…、こんな素晴らしい環境に学び、それを活かし成長する喜如嘉っ子の
頑張りに心から拍手を送りたいと思います。


これからも、野鳥との触れ合いを楽しみながら、野鳥の訪れる故郷の環境について
学び続けて下さいね。

環境大臣賞受賞、本当におめでとうございます。


by.Nao






posted by yambaru at 19:03| 日記

2012年10月28日

与那フィールドの森

こんにちはかわいい

今日も気持ちの良い秋晴れでした!

台風後、すっかり様子が変わってしまったセンター横の沢…。
なぎ倒されたままの木から、かわいい新芽が出ていました。
新芽.jpg

植物の生命力ってすごいですね。


先々週の13日(土)開催「やんばるの森観察会」で訪れた琉球大学与那フィールドの台風被害も
凄まじく、木々が根こそぎなぎ倒され、土砂崩れ、落石など痛々しいほどの森でした。

十数年ぶりに与那川が氾濫、構内への土砂流れ込みなどもあり片づけ作業が大変だった中、
予定通りのコースを散策できるよう、急ピッチで林道の整備を行って下さった与那フィールド
スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

心配したお天気でしたが、程よい小雨が荒れた森に瑞々しい潤いを与えてくれる感じで、
ちょうど良い加減でした。

開講式.jpg
出発式  小雨のため、皆さんカッパ着用。

出発1.jpg
高嶋先生から説明  安全のためヘルメット着用!

出発2.jpg
ミカン畑の横を抜け、いよいよ森へ!

森へ1.jpg


森2.jpg
土砂崩れで法面がえぐられ、木の根っこがむき出しに…。

森3.jpg
土砂崩れ…。「クロツグ」がいくつも転がっています。

森4.jpg
向こう側の山の木々は、根こそぎなぎ倒されています。

倒木1.jpg
切断された松の倒木。木の香りや年輪を確認。


森5.jpg
ちょっと角度をかえるとそれほどダメージを受けていない所もあり、
谷を抜けて行った風の流れが想像できるようです。


杉.jpg
与那フィールドには、試験的に数種類の杉が植林されています。

ユーカリの木.jpg
「レモンユーカリ」の木の幹はまるでスポンジのよう!! 
雨をたっぷり含み、少し押すだけで水がビチョビチョ滴り落ちます。
山火事の多いオーストラリアで、身を守るために進化したそうです。

アブラギリの実.jpg
「アブラギリ」の実  大きい!


草団子?.jpg
んんッ?! このシダの葉のボールは何だ??

何だろ?.jpg
何だろ、何だろ?!

クモ?.jpg
どうやら、クモの卵のようです。
それにしても、すっごく上手にボールが作れるものです。(足が8本もあるから?)

クラガーの滝.jpg
クラガーの滝が見えてきました。けっこう大きな階段状の滝です。
ここがお楽しみの昼食場所となります。

お弁当.jpg
滝の手前の橋にブルーシートを敷き、お弁当タイム。
マイナスイオンをたっぷり浴びながら、ゆったりリラックスタイム…るんるん
雨もいつの間にか上がっていました。

お昼.jpg
お二人さん、楽しそう!!

サツマイナモリ.jpg
クラガーの滝周辺には、「アリモリソウ」の花がいっぱい咲いていました。

ちびっこカメラマン.jpg
ちびっこカメラマンが熱心に撮影しています。


さぁ帰路に出〜発!と思いきや、子ども達はちゃっかり荷物運搬車に乗り込んでましたダッシュ(走り出すさま) 
大人は、道中の景色&ユンタク(おしゃべり)を楽しみつつ、ゆっくりと森を後に…。

ちなみに道中、カワセミやホルストガエルのおたまじゃくし、アカヒゲを発見、
ヤンバルクイナの鳴き声も聞こえました。



建物に戻り、サーターアンダギーと飲み物で休憩した後は座学の時間。

講演1.jpg
与那フィールド内の講義室。疲れも見せず、皆さん熱心に聞き入っています。


講演2.jpg


高嶋先生.jpg
滝澤保護官、高島先生と続き


芝先生.jpg
芝先生の講義。広い視野から見た森のお話が、子ども達にもわかり易くとても興味深く
楽しかったです。


林業は、長い長い先を考える学問で一人(一世代)ではできない。
先人の積み重ねてきた知恵に学び、更に積み重ねたものを次の世代へと伝えていく
気の遠くなるような研究なんだと実感しました。

試験的に様々な樹種が植林されている与那フィールドですが、それもまた昔から色々な形で
人の手が入ったやんばるの森の一つの姿でもあります。
普段はなかなか入れない大学の演習林である「与那フィールド」を職員の方に案内してもらい、
森の観察会も、先生方の講演会も大変楽しく、充実した内容でした。

琉球大学農学部与那フィールド職員・スタッフの皆様、色々とありがとうございました。



山に入ると気持ちいい…、スタッフの方が言っていました。
本当に、スカッとする気持ちのいい景色です。

説明.jpg


また近いうち、ゆっくり歩きに来よう…。
大きなドングリが拾えるといいなぁるんるん

きっとその時には、逞しい生命力で再生しようとする森が見られるでしょう。
それが楽しみです…!

by.nao



















posted by yambaru at 17:37| 日記

2012年10月21日

「写真展2012」入賞作品

こんにちはかわいい

次から次へと台風がやってきて…

気が付くと、秋も深まりサシバがやってくる季節となりました。

サシバ.jpg

センターでの今年のサシバ初確認は10月1日(木)。
いつもより、ちょっと早い…?

サキシマフヨウ.jpg

暴風と潮風が散々吹き荒れ、山の木々は茶色に変わり葉を落としていますが、
痛んだ枝先から、サキシマフヨウの花も咲き始めました。

秋です…。


さて、10月のイベントが、色々と目白押しでしたので少し紹介します。

8月に一般の方から作品を募集した「やんばる写真展2012」。
9月に来館者の方に投票して頂き、入賞作品が下記の通り決まりました。
入賞者の皆さま、おめでとうございますぴかぴか(新しい)


自然観察賞
「巣立ち(ホントウアカヒゲ)」(国頭村:山城愛)
巣立ち.jpg


自然の色彩賞
「やんばるの海」(名護市:知念清市)
知念さん.jpg


インパクト賞
「天然記念物in天然記念物(ナミエガエル クロイワトカゲモドキ)」(熊本県:越野一志)
天然記念物in天然記念物.jpg


シャッターチャンス賞
「変なポーズのアオサギ」(大宜味村:山城樹 小学5年)
変なポーズのアオサギ.jpg


豊かな感性賞
「夜道のアイドル(クロイワトカゲモドキ)」(宜野湾市:大坪晃輔)
夜道のアイドル.jpg


命の代弁者賞
「ひっひかれる〜(ヤンバルクイナ)」(うるま市:梅木志門)
ひっひかれる〜!.jpg


スタッフ賞
「雨にも負けず(ノグチゲラ)」(那覇市:冨井樹 小学4年)
雨にも負けず.jpg


職員部門賞
「にらめっこ(ホンハブ)」(上開地広美アクティブレンジャー)
職員部門賞.jpg

迫力ある写真、美しい写真、微笑ましい写真、詩的な写真、奇跡の一枚…。
どれもすばらしい写真ばかりですね。入賞作品は、来館者の方による投票で
上位に入った作品となります。
写真の舞台は、すべて「やんばる」です。



入賞者の皆さまに、ささやかですが賞品を準備しましたので、
順次表彰式を行いました。

いつも近くで勤務している「豊かな感性賞」の大坪さんから…。
大坪さん表彰.jpg
滝澤保護官から表彰状の授与


大坪さん.jpg
今年の賞品は、ヤンバルクイナTシャツ(制作:渡久地豊)!


そして、
今日の「喜如嘉ターブク野鳥観察会」に引き続き、山城君、山城さん、知念さんの
表彰を行いました。
表彰式.jpg


毎回たくさんの子ども達が応募し、写真展を盛り上げてくれる喜如嘉小児童への
参加賞プレゼントも!
学校参加賞.jpg
          お、おもい…!(Kくん)


展示した作品に、野鳥観察会参加者の皆さんも興味津々で見入ってました。
写真展示.jpg

残念ながら表彰式に参加できなかった方には、近日中に賞状・賞品、来館投票者からの
コメントなどをお送りしますので、楽しみしていて下さいね。


10月13日(土)開催の「やんばるの森観察会(与那フィールドにて)」と、
今日21日(日)開催「喜如嘉ターブク野鳥観察会」については、また次回…exclamation

どちらも、たくさんの参加者で有意義な時間を過ごすことができた楽しいイベントでした。
報告をお楽しみに…るんるん


ちなみに今日の「喜如嘉ターブク野鳥観察会」では、1時間半でなんと!!
「15科28種野生化2種」もの野鳥を観察することができました。
観察中.jpg

豊かな環境と、喜如嘉小児童の皆さんに感動した一日でした。
この続きはまた後日…手(パー)

by.Nao



posted by yambaru at 18:44| 日記

2012年09月09日

「やんばる写真展2012」開催中!

こんにちはかわいい

オオシマゼミの物寂しげな鳴き声が響き、やんばるも何だか秋の気配が
漂い始めました。

ゲットウ.jpg

月桃の実も、すっかり赤く染まっています。


さてウフギー自然館では、先週より「やんばる写真展2012」の作品展示が
始まりました。

写真展1.jpg

んっ、exclamation&question目あれっ…
写真展2.jpg

な〜んと、リュウキュウアブラゼミがパネルに!わざわざ見に来てくれたようです。

止まった位置が、ちょうど写真のアカヒゲの幼鳥に狙われているようです(笑)。

写真展4.jpg

写真展3.jpg

写真展8.jpg

写真展7.jpg

写真展6.jpg

今年は、地元をはじめ県内外の一般の方から、60点近くの応募がありました。
やんばるを訪れた際の、楽しい思いが写真に現れているようです。

「やんばる写真展2012」は、ウフギー自然館での展示・投票を終えた後、順次やんばる3村の
施設にて巡回展示を行います。

応募下さったみなさんの思いを、写真を通してやんばる各地で共有できるといいですね。


写真展4 (2).jpg

ただ今、投票も行なっています。
応募作品の中から、あなたが気に入った作品にぜひ投票下さい。
あなたの一票で、入賞作品が決まります!

写真展5.jpg

たくさんの方が熱心に作品を見て下さり、今日一日でこんなに票が集まりました。

9月いっぱい投票、10月に入賞作品の表彰を行う予定です。
ぜひ皆さんも、3回目となった「やんばる写真展(2012)」を見にいらして下さいね。

樹と光.jpg

やんばる大好き少年、樹と光の作品もあるよ〜!
見に来てね〜!!

by.Nao







posted by yambaru at 19:05| 日記

2012年09月02日

台風15号

こんにちはかわいい

早くも9月です…!

やんばるでは8月27日から、いち早く小中学校の2学期がスタート!…と
思いきや、出鼻をくじかれるように台風15号が直撃!
初日から臨時休校、ウフギー自然館も26日(月)は臨時休館となりました。

沖縄気象台が「最大級の警戒」を呼びかけた台風15号は、猛烈な雨でやんばるの
あちらこちらに、大きな被害を残しました。

新聞記事.jpg

大宜味村の国道沿いなど、山の形が変わるほどの大きな土砂崩れが発生し、
巨大な土嚢に囲まれた一方通行が続いています。

車や住宅の床下浸水、住宅への土砂の侵入など、被害に合われた皆様には
心よりお見舞い申し上げます。



ウフギー自然館も、何とあの広い駐車場が50センチほど冠水し、官用車が浸水…がく〜(落胆した顔)

信じられない水の量です…。

事務所横の森の土手が崩れ、そこから土砂と雨水が駐車場内に入り込み、
土手崩壊.jpg

もともと下がった土地なので、大量の雨水と土砂がたまったようです。
水が引いたあとは、まるで田んぼのよう…。

土砂流れ込み2.jpg

土砂流れ込み1.jpg

この惨状にただただ呆然とするばかりです…。


そこに登場したのが、頼もしい我らがマングースバスターズの皆さん!!
大量の泥水に埋まった広い駐車場の片づけに皆で汗を流してくれました。

地元ならではのつてで散水車を借りてくると、手際よく赤く染まった駐車場を
きれいに片づけてくれました。

散水車1.jpg

散水車2.jpg

官用車.jpg

これまで以上に、バスターズの機動力に感激した一日です。
バスターズの皆さん、本当に、ほんとうに、ありがとうございました。



そんな中、T保護官は、泥の中で跳ねる大きなテナガエビを発見し大喜びるんるん
それにしても、こんなに大きなエビが、あの小さな沢にいたんですね…目

エビ.jpg

あまりの雨の量に、森の生き物たちも、さぞ驚いたことでしょうね。


まだまだ、雨水を含み地盤が緩んでいるところもあると思います。
やんばるの山を歩かれる皆様、十分注意されて下さいね。

by.Nao





posted by yambaru at 19:07| 日記

2012年08月07日

頒布開始!

こんにちはかわいい

台風の影響で、今日もジトジト蒸し暑い雨模様の一日でした。

雨風の弱まるのを待っていたかのように、近くの田んぼでは2期作米の植え付けが
行われていました。

田植えA.jpg



早いもので、今日は「立秋」。暦の上では「秋」…。

オオシマゼミの鳴き声もちらほらと聞こえてきますが、まだまだ沖縄の夏は続きます晴れ


さて、今年3月の初版発行以来「夏ごろ開始の予定です…」と、お待たせしてきました…が、
やっと!今月より「やんばる自然のあしび手帳」の頒布を開始することができましたぴかぴか(新しい)

あしび手帳.jpg

やんばる3村(国頭村、大宜味村、東村)の自然と生き物、お勧めスポットや施設の紹介、
やんばるの直面している課題、訪れる際のルールやマナーなど、やんばる情報をぎっしり
盛り込んだ「やんばる自然のあしび手帳」。

@あしび頒布開始.jpg

3月に発効した環境省版の複製許可をもらい、

複製.jpg

「やんばる自然体験活動協議会」で複製発行しました。


A5板、30ページのコンパクトな冊子ながら、やんばるの自然・生き物を知ることはもちろん、
やんばるの現状と課題にも触れつつ、観光ガイドとしても重宝する一冊となっています。
何と、折込式の地図もついているexclamation×2

地元の方にとっても観光の方にとっても、今のやんばるを知ることができる手軽な一冊に
なっていると思います。

第一号.jpg

頒布開始初日、早速協力して下さった那覇からお越しのTさん。
購入第1号となりました。ありがとうございます。

「やんばる自然のあしび手帳」は、1冊協力金200円で購入できます。
ウフギー自然館にお越しの際は、ぜひ手に取って内容をご覧になってみて下さい。
(順次、やんばる3村内の他の施設でも頒布を開始する予定です)

皆様から頂いた協力金は、「やんばる自然体験活動協議会」のやんばるの生き物、及び
自然の保全や活用に関する活動に利用させて頂きます。


この夏、あなたも「あしび手帳」片手に、やんばるを散策してみませんか。


Q.さてさて…、今日のブログで、「やんばる」という言葉を何回使ったでしょうか?
 数えてみよう! ティーチ、ターチ、ミーチ、ユーチ、イチチ、ムーチ…


by.Nao








posted by yambaru at 19:06| 日記

2012年08月05日

台風の中…

こんにちはかわいい

台風11号の雨風の中、今日も通常通り開館。
台風11号.jpg

さすがにこのお天気の中、今日は来館者0かも…、もしかして午後から休館?!
な〜んて思っていたのですが、逆に「このお天気」なので、外には遊びに行けない
子供連れのお客様でいっぱい! いつも通りのウフギーでした。
それにしても、台風のさなかカウンター値140とは!! すごいexclamation

皆様、お帰りの道中、強風などに充分注意されて下さいね。


雨が弱まったので、ちょこっと川の様子を見に行くと…、
増水2.jpg
川の水が赤く染まり、溢れるような濁流になってます。

沖縄の川や海は、大雨が降ると赤く染まるのです。
川から海に流れ込む赤い筋は、境界線もくっきりと青い海に広がっていきます。
その様子は、まるで海が泣いているようにも見えます。

増水とカラス.jpg

そんな増水した赤い河原に、なぜかカラスが静かに佇んでます。
どうしたのかな? 何か狙ってるのかな…。


カラスというと、昨日初めて持ち込まれたカラスの救護。
カラス救護.jpg

釣りの途中、道路でバタバタともがいているカラスを発見した中学三年生のS君とH君。
放っておくことができずに、たまたま通りがかった知り合いの方と一緒にセンターに
持ってきました。

たくさんの車が通りすぎるのに、誰もカラスの事を気にかけなかったと憤慨していました。

カラスは実は有害鳥獣で、駆除の対象になっていることを伝えましたが、同じ生きものなのに
保護される生き物と駆除される生き物がいる事、苦しんでいるのに誰にも助けてもらえないと
いう現実を目の当たりにして、疑問とショックはますます大きくなったようです。

子供たちの純粋な気持ちに、大人はしどろもどろ…。


箱の中でもがいているカラスは、立つこともできず確かに辛そうです。

人間もカラスも、マングースもしかり、みんな必死に生きてるだけなんですよね。
ここ、やんばるの森だけで生き続けてきた小さな生き物たちもそれは同じ…。
よそでは生きていけない彼らは、やはり守らなければいけない存在…。


先日見てきた、千石先生(2/7死去)のドキュメンタリー映画「千石先生のいのちは
みんなつながっている」の中でも、人間がまだ知り得ない、何らかのつながりや
バランスを保って生態系ができている、人間の勝手な判断で手を加えてはいけないの
ではないか…、とのお話がありました。



小さい頃、家の前の山から「ナオ〜、ナオ〜」と呼ぶカラスがいました。
近くの奥間小学校では、朝「オハヨッ、オハヨッ」というカラスがいました。

ウフギー自然館周辺でも、確実に増えてきたカラス…。


去りゆく台風の吹きすさぶ雨風の中、つらつらと物思うNaoでした。


by.Nao







posted by yambaru at 19:58| 日記

2012年07月31日

虫のお客様

こんにちはかわいい

夏休みに入り、連日親子連れのお客様が増えてきました。
平日でもカウンター値100超え、週末は200超えの日が続いている
ウフギー自然館です。

カウンター前には、展示しているカブトムシやクワガタに興味津々の子ども達や
お父さん方(実は子どもより喜んでいる場合が多い)が群がります(笑)。

時には、センター内外で見つけてきた虫をみんなで観察することも…。

触ってみて.jpg

常連のひかり兄にぃから、持ち方を教わり…


オキナワナナフシ.jpg

やった〜!「オキナワナナフシ」持てたよ〜!!
小さな女の子、勇気を出してがんばりました。


トゲナナフシ.jpg

昨日は、センター中庭で「トゲナナフシ」を見っけ!! 
背中のトゲトゲが恐竜みたいでかっこいい!



今日は、駐車場で捕まえた「ヒメカマキリ」を、男の子が手に握って持参…

いないいない….jpg

急きょ透明容器に入れて観察。すると…、「いないいない…」


ばぁ!.jpg

「ばぁ〜!」 
ヒメカマキリの「いないいないばぁ〜」。ヒメだけに、チョ〜かわいい揺れるハート


そして、先ほど事務所内に侵入していたで「クビキリギス」を発見!
ひょうきんな顔してますよね。

クビキリギス@.jpg

一度大あごで噛みつくと、首が切れても離さないから「クビキリギス」と命名されたとか…。

クビキリギスA.jpg

するどい大あご! しかも赤い!! 絶対に噛まれたくない迫力ですね。
(ちなみに指先は上ARです)

ヒラタクワガタの顎に挟まれ血を流していた上ARも、
「すっごく痛いから咬まれるのはヤダっ!」と言ってます。
(それにしても、全ての写真がボケボケなのが口惜しいですたらーっ(汗)


そんなこんなで、居ながらにして色んな生き物の観察ができるウフギー自然館exclamation

夏休み、ぜひ親子で遊びにきてねグッド(上向き矢印)


by.Nao








posted by yambaru at 20:31| 日記

2012年07月11日

インターンシップ生A

こんにちはかわいい

前回、沖縄地方晴天続き、と書いた日の夜から突然雷雷と豪雨小雨が…あせあせ(飛び散る汗)
2日ほど梅雨の戻りのような天気が続き、今日からまた日中うだるような暑さですふらふら

皆さん、熱中症対策は万全に!!


さて、インターンシップ生の続きです。

男子高校生3人は、その後
高校生2.jpg
上ARの指導の下、館内の全剥製&標本の乾燥剤取り換え作業。

高校生6.jpg
國ARの指導の下、鎌研ぎの後ロードキル防止のため県道70号の草刈り作業へ。
(この草刈りが一番楽しかったらしい…)

高校生3.jpg
次に、羽化したばかりでまだ表示がついていなかった「オキナワカブトムシ」や
「オキナワクワガタ」の虫かご表示作り。
小さな男の子がすぐわかるように…、との指示だけで後はお任せです。

高校生1.jpg
3人とも生き物好きと言うだけあって、参考資料を繰りながら嬉々として取り組んでいます。
色画用紙に色ペン、ハートや星に吹き出し…。髪長いですが、男子高校生です!

高校生5.jpg
おまけに、ささっとフリーハンドで作ってくれたカマキリ!! すっごく上手ぴかぴか(新しい)

虫かご表示.jpg
いかがですか? 

こちらが思っていた以上の仕上がりに、正直びっくりです。
しかも全て本人たちの創意工夫で、楽しんで取り組んでいる様子が嬉しかったです。

素直な若者と過ごした3日間、こちらも楽しませてもらいました。。

これからも素直な気持ち、一生懸命取り組む気持ちを忘れずに、充実した学生時代を
送ってほしいと願わずにいられません(母の心境…)。がんばれ〜exclamation


展示した研究パネルや写真は、たくさんの方に見てもらってますよ。
見学1.jpg

見学2.jpg

見学3.jpg

「県立辺土名高校環境科・サイエンス部研究パネル展」29日(日)までやってま〜す!
19日(木)18:00〜は、生徒による「研究発表会」があります!

たくさんの皆様のお越しをお待ちしていまするんるん

by.Nao











posted by yambaru at 18:00| 日記

2012年07月08日

インターンシップ生@

こんにちはかわいい

梅雨明けと同時に、真夏になってしまった沖縄です。
昨日今日と、少しばかりスコールのような雨が降ったくらいで晴天続き…。

ダムの貯水量も気になってくるこの頃です。

オオバギの実.jpg

季節は少しずつ、確実に進み…
先日の「オオバギ」の実がこ〜んなになってはじけていました。
いかにもおいしそう…るんるん

さてさてウフギー自然館は今月、「辺高月間」と銘打って地元の県立辺土名(へんとな)高校の
協力のもと、様々なイベントを予定しています。

それに合わせたかのようにタイミングよく、辺土名高校からのインターンシップ生3名(男子)が
3日〜5日の3日間やってきました。

もっちろんお手伝いしてもらいました。
高校生@.jpg
研究パネルの展示レイアウト。  う〜ん、もうちょと離した方がよくないグッド(上向き矢印)

高校生A.jpg
パネルの間から、ヤンバルクイナをのぞかせます。 チラッ…

高校生B.jpg
全国でも数少ない「環境科」の授業の様子を写真で紹介。

高校生C.jpg
テキパキこなしてくれたのであっという間に一段落!
とっても素直に仕事に取り組んでくれたので、大変助かりました。ありがとねるんるん
左からトモリくん、オオウラくん、アカボシくん。

さぁ、この一見普通の今どきの高校生に見える3人…、じ・つ・は、スゴイんです!!
何が?って…、それはまた次回のお楽しみ〜exclamation


お腹が空いたので帰宅を急ぐNaoでした手(パー)


posted by yambaru at 20:17| 日記

2012年06月24日

梅雨明け

こんにちはかわいい

56日間と長かった今年の沖縄地方の梅雨は、慰霊の日を待っていたかのように
昨日6月23日、梅雨明けが宣言されました。

立て続けの台風4号・5号の接近で雨の天気が続いていましたが、梅雨明けと共に
スカッと気持ちよく晴れわたり、太陽の日差しもいきなり強くなったように感じます。

クマゼミ.jpg

クマゼミも朝からうるさく鳴くようになり、いよいよ本格的な夏の到来です。
うだるような暑さの中、昨日の沖縄は静かな鎮魂の祈りに包まれました。

毎週のように遠く浦添からやんばる、そしてセンターへと遊びにやってくるひかり君も、
昨日慰霊の日の正午には、お父さんと二人やんばるの海で手を合わせ黙とうしたそうです。

DSC03110.JPG

今朝も早くからやって来て、センター駐車場横の草むらでオンブバッタを捕まえて満面の笑み!
オンブバッタの下に見える大きな草編み細工のトノサマバッタは、来館中の初対面の
お客様から頂いたもの…。

嬉々として小さな生き物たちと触れ合うひかり君、優しく見守りながら豊かな自然を
思いっきり体験させてくれるお父さん、そして生きもの好きの少年にぴったりのプレゼントを
惜しげもなく手渡してくれた心優しい来館者の方…。

このような優しい人々のつながりが、いつかきっと日本中、世界中の人々の心をつなぎ、
平和へとつながっていくのではないかな…と、ひかり君の笑顔を見て思いました。

梅雨明け.jpg
(センター中庭からの風景)


高く澄んだ気持ちのいい青空は、ずーっとずっと世界中どこまでも、
そして過去へも未来へもつながっているように思えます。


小さな生き物を愛する人々が増えますように…、
どうか、世界中に心穏やかな平和な日々が訪れますように…。


by.Nao








posted by yambaru at 19:46| 日記

2012年06月16日

小さな訪問者

こんにちはかわいい

今朝は見回りで、近くのオオバギの木にノグチゲラのつがいが
止まったところを見ることができました。ラッキーるんるん

ノグチゲラ.jpg

写真の中央に1羽いるのがわかりますか?
近くの木を飛び交いながら、仲良く2羽で森の向こうへ…。



バーバートカゲ.jpg

足元にはバーバートカゲの子どもが…!
光沢のある鮮やかな色がきれいですね。


こんな感じで、ウフギー自然館には毎日いろ〜んな生き物が遊びにやってきます。
それは、外だけではなく館内にも…!

今朝はトンボが館内を巡回して出て行きました。

つい先日は何と、アカヒゲがやってきました。

アカヒゲ.jpg

リュウキュウカジカガエルも…、
カジカ.jpg

アシダカグモも…、
アシダカグモA.jpg


館内を見学中に、思いがけず足元や展示室、トイレ等でいきなり生き物に
出会うと、いくら小さくてもやっぱりびっくりしてしまいますよね。

な・の・で、最近こんなポスターを作りました。

小さな生き物.jpg

近くの森に暮らしている小さな生き物たちも遊びに来ますよ〜、というお知らせです。

危険のない小さな生き物でも、突然姿を現しては「マブイヌギ」してしまいます。
(「マブイヌギ」=ウチナー口で「びっくりし過ぎて魂が抜けてしまう」の意)

特にこの巨大な「アシダカグモ」には!!

アシダカグモ.jpg

家の中でよく見かける徘徊性のクモで、足を広げると10p以上にもなる大きなクモです。
その大きさに怖がってしまう人もいると思いますが、実はゴキブリを食べてくれる益虫なんですよ。
臆病で、人間に出会うと自分の方から退散してくれます。

もし館内で見かけても、そ〜っと知らんふりしてあげてくださいね。

(余談ですが、やんばるの森の渓流にはさらに大きな「オオハシリグモ」というクモがいます。
 こちらはカエルや魚を食べます)


…と言う訳で、「もしかして小さな生き物に出会えるかも」と思っていただくと
ウフギー自然館を2倍楽しめるかも?!しれません…。

小さな生き物たち共々、よろしくお願いしま〜すぴかぴか(新しい)

by.Nao






posted by yambaru at 18:33| 日記

2012年06月14日

実は…、すごい!

こんにちはかわいい

やんばるは、梅雨らしく雨が降り続いています。

雨の合間をみて駐車場に向かう途中、ふと縁石脇の「オオバギ(トウダイグサ科)」の木の
モコモコが気になり立ち止まると…!

オオバギ.jpg

!!、なんとも奇妙でユーモラスな形の実がいっぱいついてます。
雄株と雌株があるそうで、そういえば事務所横の大きな「オオバギ」には
この奇妙な形の実は見当たりません。

ということで今回、駐車場→(雌)・事務所横→(雄)とはっきり分かったので、
次から話しかけるときの言葉遣いに気を付けたいと思います…?

琉球以南の熱帯・亜熱帯地方に自生する「オオバギ」は、成長が早くどこでも普通に
見ることができます。
最近は、高い抗菌・抗酸化作用があるとの事で研究機関や企業から大いに注目されて
いるとの事。

おおきな葉っぱで「大葉木」。
葉柄が裏側についていて、大きなものは直径が25センチくらいにもなる独特の葉っぱは、
昔はおにぎりの包みやお皿、お尻拭きにも使われたとか…。

どこにでもある身近で当たり前の存在だった植物「オオバギ」。
不思議な形の実と、すっごい効用に見る目が変わりました目

きっとやんばるの森には、まだまだその効用が知られていない「すっごい」植物が
いっぱいあることでしょうね。

その可能性を考えると、何だかワクワクしますぴかぴか(新しい)


駐車場わきのオオバギの近くには…、

センダングサ.jpg

シロノセンダングサ(キク科)の実も(花も)いっぱいです。
(トゲトゲがちょっと似てますか…?)

実はこの、沖縄中に蔓延る迷惑な雑草にも薬効があり商品開発もされているとか…。

でも、まだまだ見直せないぞ、サシグサよ!

by.Nao




posted by yambaru at 18:10| 日記

2012年06月03日

美しき狩人


こんにちはかわいい

昨日の蒸し暑く、大ぶりの強い雨の一日に比べ、
今日は、曇天時折小雨ながら湿度は高くないので過ごしやすい一日です。

でも沖縄近海には、台風3号が…。
明日が最接近で、進路により強風域に入る可能性もありとの事。
台風前の静けさなのでしょうかあせあせ(飛び散る汗)


さてさて、今日は朝の見回り?で「アオタテハモドキ♀」が何匹も飛んでいました。
アオタテハ♀.jpg

昨日の朝は、「カラスヤンマ」が何匹も飛んでいましたが、
カラスヤンマA.jpg
(やっとカメラの隅に捉えた雌の雄姿。大きくて真っ黒な羽がかっこいい!!)

今朝はカラスヤンマの姿はゼロ。
不思議ですね。時間帯は同じなので、天気のせい…?

見回りを先に進めると、鮮やかな青が目に入り足を止める…るんるんラッキー!
「アオタテハモドキ♂」が羽を広げ吸蜜中!
アオタテハモドキ、アズチに捕獲.jpg

いつもなら、ちょっと近づくと先へ先へと逃げてしまうのですが、
食事に夢中なのか微動だにしません。
喜んでジリジリと近づきますが…、動きません。

んっ?、いくら夢中でも、ちょっとおかしいぞ…。

目よくよく見ると、食事に夢中だったのはセンダンの白い花びらに隠れた「アズチグモ」。

アズチのアオタテハ.jpg
アズチグモの白い前足は、しっかりとアオテハの頭を抱えていました。

羽を開いたときに見える、前翅の鮮やかな青が美しい「アオタテハモドキ」は
大好きな蝶の一つです。

私たちの足元、センダングサのジャングルでは日々、こんな美しい生き物たちの
生存競争が行なわれているのでしょうね。

ちょっと目線を変えるとー(長音記号2)、面白い発見がいっぱい!
だから、朝の見回りやめられません…。
(できれば、一日中見回りで過ごしたい…)


by,Nao

posted by yambaru at 14:29| 日記

2012年05月26日

伐採作業

こんにちは

今日は 雨 模様のやんばるでした。


2010年のタイワンハムシの大発生で、すっかり枯れ木になってしまったタイワンハンノキ。
ウフギー横奥間川周辺もこ〜んな感じで…、
伐採前B.jpg

伐採前A.jpg

一年を通して何とな〜く物寂しげな雰囲気を醸し出し、生命力あふれるやんばるの森の中で、
すごく違和感がありました。

そのうえ最近は倒木の危険も出てきて、ウフギー横の森でも大音響とともに
大きなタイワンハンノキの枯木が倒れてきたことも…がく〜(落胆した顔)

そんな中、先日奥間川周辺のタイワンハンノキ枯木の伐採作業が始まりました。
伐採.jpg

2日がかりの作業で、こんな感じに…。
伐採2.jpg

伐採1.jpg

電線への接触の危険もあるので、その対応もしながら作業は2週間ほどかかるそうです。

周辺は、伐採された木が積まれているので川沿いを歩くことはできません。
危ないですので、作業が終わるまでは近づかない方がいいですね。

夏には、すっきり広々とした風景に変わっていることと思います。
お楽しみに〜るんるん

虫の害と言えば、デイゴヒメコバチの大量発生で次々と木が枯れ、ここ数年見ることのなかった
デイゴの花でしたが、今年はあちこちで見事に咲いているのを見かけることができました。
大宜味村塩屋橋手前、宮城集落の大きなデイゴの木も、久々に若夏の象徴の鮮やかな朱色の花を
たくさん咲かせていました。

デイゴ1.jpg

デイゴ2.jpg
(上2枚、大宜味村宮城にて4月16日撮影のデイゴの花)

うりずんの季節に、当たり前に咲いていたデイゴの花が見られなくなって数年…。
久々の鮮やかな花は、青い空に映えて美しく初夏の始まりを告げているようでした。

でも、デイゴの良く咲く年は台風の当たり年とか…。
数年ぶりのデイゴ開花はうれしけど、台風が多いのはやっぱりイヤかなぁ…あせあせ(飛び散る汗)


By.Nao






posted by yambaru at 19:10| 日記