2014年03月22日

にょきにょき

こんにちはかわいい

気温は低く肌寒かったですが、今日も晴れてよい行楽日和でした。

自転車で日本一周中のIさん、国頭村子ども環境サミットに参加中の
子ども達、徳之島野生生物保護センターのWさんたち、ラン好きの少年…、
今日もたくさんの方が来館されました。

みなさん、3連休をやんばるで思いっきり楽しんでくださいねるんるん

センターの前庭、草刈り作業が遅れているので、「コメツブウマゴヤシ」や
「ウシハコベ」が元気に草丈を伸ばしています。

ネジバナ群生.jpg
その中に、これまで見たことがないほどニョキニョキと「ナンゴクネジバナ」が
たくさん出てきました。

ネジバナとクモ.jpg
こんなりっぱな株になると、「ラン」っぽく存在感が出てきます。
(中央の大の字は、小さなクモ)


気付いたら、「チクシキヌラン」はすっかり見えなくなっていて…、
芝生を覆うほどに勢いよくニョキニョキ芽吹いてきたのが

ツボミオオバコ.jpg
この「ツボミオオバコ」!
細くて華奢な花穂が、当たり一面びっしりexclamation×2
草丈は短いですが、あまりの多さにちょっと怖くなるくらい…あせあせ(飛び散る汗)

戦前に帰化した植物で、オオバコと同じく全国で普通に見られるようです。
柔らかなそうな葉っぱは、おいしそうでもあります。

ツボミオオバコの花.jpg

よくよく見ると、かわいらしい花も咲いています。

花が開かずいつまでも蕾のように見えるのが名前の由来とか…。
確かに、よ〜くよ〜く見ないと、気づきませんね。
まるで線香花火のような、小さな花です。

足元の小さな植物たちは、日々確実に成長!
逞しさに脱帽です。


奥間川沿いの植物もおいしそうに(?)成長してま〜するんるん

バライチゴ.jpg
近くの「リュウキュウバライチゴ」が艶やかなルビー色にるんるん

シマグワたわわ.jpg
その側の「シマグワ」の実も、たわわに実ってます。

シマグワ.jpg
絵に描いたような、し・あ・わ・せぴかぴか(新しい)

暖かくなってきたので、ニョキニョキならぬ「にょろにょろ」と
怖い「ハブ」も出てきます。
春の「し・あ・わ・せ・!」探しには、十分注意して下さいね。

by.Nao
















posted by yambaru at 17:04| 日記