2014年02月23日

春の白

こんにちはかわいい

天気は良かったけど、結構冷え込み やっぱり今日も寒い一日。

 12月初めのふいご祭り前後の「フーチェビーサ」
 冬至の頃の「トゥンジービーサ」
 鬼餅の頃の「ムーチービーサ」
 立春の頃の寒波は「ハルビーサ」
 これからの寒の戻りは「ワカリビーサ」

今朝(2/23)の沖縄タイムス「大弦小弦」で紹介されていた
沖縄で寒さを表す味わい深い言葉の数々は、寒さに敏感だった故…。

移住してきた県外の方も、2〜3年目にはすっかり寒がりになると
聞きます。
亜熱帯であろうが 沖縄であろうが 寒いんですよね。

この「ワカリビーサ(別れの寒さ)」が過ぎると、いよいよ春!ぴかぴか(新しい)


森の中は、寒さを吹き飛ばすように春の気配が満ち溢れています。
エゴの花満開.jpg
エゴノキは白い花が満開で、林道のあちこちで花の絨毯が見られます。


花びらの数に変化が見られるのが特徴で、落ちている花を探してみると
すぐに4枚、5枚、6枚の花びらを見つけることができました。
エゴノキ3姉妹.jpg


そして、以前奥間川上流で見つけた7枚の花びら!
エゴノキ7枚.jpg

こうなったら、絶対に8枚も見つけたいものです。



林道沿いの「シマイズセンリョウ」の枝には小さな花がびっしり!
シマイズセンリョウ.jpg


日当たりのよい林道沿いでは、「リュウキュウイチゴ」が葉の下に隠れるように…
リュウキュウイチゴ.jpg
まるで、花のカーテンです。

リュウキュウイチゴの黄色で大粒の実はとても美味! 
もうしばらく待つと味わえまするんるん


森林公園の「リュウキュウアセビ」も咲き始めています。
リュウキュウアセビ.jpg


「シークァーサー」も、つぼみが膨らみ始めていました。
シークァーサーの蕾.jpg

3月の満開の頃には、あたり一面に良い香りが漂います。



そんなシークァーサーの花と石灰岩の山歩きを楽しむイベント、
「いぎみ(大宜味)の山と花めぐり」が3/8(土)に開催されます。
ネクマチヂ散策ツアーチラシ(JPEG).jpg
詳細はHPをご確認ください。

参加ご希望の方は、お早めにウフギー自然館までお申し込み下さい。
お問い合わせも気軽に!



それにしても、どうして山の花は「白」が多いのでしょうか…?
濃い緑に、清楚な白がすごく美しく映えます。

もしかして、それがわかってるのかしら…。


by.Nao





posted by yambaru at 19:28| 日記