2013年12月21日

トゥンジービーサ

こんにちはかわいい

昨日も、今日も寒い一日でした。

明日は一年で最も昼が短い「冬至」(方言でトゥンジー)。
沖縄では、冷たい北風が吹くこの季節の寒さを「トゥンジービーサ」(冬至寒さ)と
呼び、南国沖縄でもこれから本格的な冬の寒さがやってきます。

この季節、森の中では
ツワブキロード.jpg
鮮やかなツワブキの黄色い花でいっぱいになります。
これは、大宜味のこがね岳周辺の散策路。(後姿は、まるツーのO山さん)

サザンカ.jpg
こがね岳周辺では、サザンカも満開! い〜い香りが漂ってました。ぴかぴか(新しい)

コジュウジナガカメムシ.jpg
コジュウジナガカメムシも、寒さに身を寄せ合っています。


寒さの中、昨日はセンター周辺の草刈りが行なわれ…
さびさびA.jpg

正月前らしく、すっかりサビサビー(清々しく)となりましたグッド(上向き矢印)
さびさび@.jpg
Yゾウさん、区長さん、どうもありがとうございます。

コバナヒメハギ.jpg
上手に刈り残してくれたコバノヒメハギが一株…。
いつもの見慣れた姿と違う茶色の葉っぱが、寒さを物語っていますね。


冬至を境に、また日照時間はどんどん長くなっていきます。


寒さの厳しいヨーロッパ地方で、太陽の復活を祝い、春を待つお祭りとして
冬至の日に行われていたのが、クリスマスの始まりだと言われているようです。
厳しい寒さが長く続く地方では、暖かい春の訪れは切実な願いだったことでしょう。

沖縄では、冬至に太陽が生まれ変わるといわれ、「若太陽(ワカティダ)」を
祝福する習わしがあったそうです。

ゆず湯に入ったり、粥やカボチャを食べるなどの本土の昔からの風習も、
寒さを乗り切る暮らしの知恵だったのでしょうね。
沖縄では「トゥンジージューシー」(冬至の炊き込みご飯)です。

滋養のある温かいものを食べ、寒い季節を乗り切りたいですね!!

ちなみに、沖縄地方のこの時期の平均気温は17度前後。
しかし、風があるので体感温度は10度近くも低く感じるのだそうです!
ひぇ〜あせあせ(飛び散る汗)

寒いんですよ、ほんと!!
すぐ側に川が流れ、盆地になっているセンターは、ホンっと寒いんですぅ!!!


by.Nao











posted by yambaru at 13:33| 日記