2011年10月04日

発見30周年!クイナ(917)の日祭り

間があいてしまいましたが、久々の更新です。
季節はすっかり秋らしくなりました。


去った10/1(土)、国頭村環境教育センター「やんばる学びの森」を会場に、
「発見30周年!クイナ(917)の日祭り」が開催されました。

DSCF6236.JPG


本来は「クイナの日」宣言がされている9/17(土)に開催予定でしたが
台風接近のため、延期となっていましたあせあせ(飛び散る汗)

ホールでの講演・シンポジウムなどの企画から、
外で楽しめる自然クイズラリーなどの体験ブースなど、内容は盛りだくさん。
天気予報にもハラハラしましたが、なんとか当日を迎えることができました。


ウフギー自然館も、事務局の一員として色々な運営に大忙し。

学びの森のトレイル「ヨンナーコース」を使った
やんばる自然クイズラリー
クイズラリー2.JPG


「身近な生きものを見てみよう」の展示。
身近な生きもの展2.JPG

キノボリトカゲ、大きなナナフシ、オキナワオオミズスマシなど
至近距離でじっくり見ることは意外と少ない生きものたちが、大人気。



やんばる写真展2011の作品60点も、展示されました。
写真展1.JPG


入賞者の表彰も、この中で行われました。
クイちゃんと記念撮影です。
写真展表彰1.JPG


ヤンバルクイナは、新種として正式に「発見」されたのが1981年(昭和56年)。
非常に新しい発見であり、やんばるの森のふところの深さがうかがわれます。

その後、外来種であるマングースに追われ生息できる場所がどんどん狭まったり、
ロードキル(交通事故)による被害の増加など、
多くの課題もかかえながら今日にいたっています。
その一方で、保全や共生についての多くの皆さんの
関心・取組もどんどん高まっていると思います。

ちょうど30周年となった今年、多くの方々にやんばるの森の魅力・大切さについて
感じていただくよい機会になったと思います。


ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました。
ヤンバルクイナのすむ森へ、皆さんもぜひ足を運んでみて下さいひらめき



by.K
posted by yambaru at 17:00| イベント関係