2010年11月26日

センターに来るお客さん(冬編)

やんばるもすっかり冬モードになりました。
半袖では過ごせなくなり(たまに暑い昼もありますが)、朝布団から出るのが辛い季節がやってきました。
いつも青々と木々が茂っており、見た目からではなかなか四季を感じにくいやんばるではありますが、渡ってくる鳥たちや植物の変化が、冬の訪れを教えてくれます。

そんな冬の訪れの1つ

センダンの実が色づき始めました。
jukusitami.JPG


すると、センダンの木から賑やかな声が・・・
sendann1.JPG
中央に見えるちょっと黄色っぽい木がセンダンです。

otitasendannomi.JPG
木の下にはたくさんの実が落ちています。

拾ってみると・・・
sendannomi.JPG
誰かが食べた跡のようです・・・

さてさて、見上げてみると・・・
sendantosirogasira.JPG
この写真からわかるでしょうか?
数羽の鳥がいます。

いつもだったら、渡りのシロハラやヒヨドリがたくさん集まってくるのですが、今年はちょっと様子が違うようです。
何だかシルエットも小さいし、鳴き声も違う・・・


その正体は??

sirogasira.JPG
シロガシラです。

シロガシラ(ヒヨドリ科)
沖縄島、八重山諸島に分布しており、最近では粟国島や久米島でも確認されている。
沖縄島に生息するシロガシラは飼い鳥が逸出したか、あるいは屋外へ放逐され、1976年ごろから増えはじめて、分布を広げたものと考えられている。本亜種はタイワンシロガシラとされ、沖縄島全域に分布している。八重山諸島に生息するのは亜種ヤエヤマシロガシラとされる(改訂版沖縄の野鳥より)。チョウの幼虫や野菜、果実を食べ、沖縄本島南部ではレタスやスイートコーンに被害が出ている。


姿は可愛いのですが、ちょっと困りもの・・・。分布のだんだん北上しているようです。

このセンダンもあっという間に実がなくなってしまうのでしょう。

実はセンターにはもう1本たくさん実のついたセンダンが。
sendan2.JPG
こちらはまだ色づいてないようです。
wakaimi.JPG
次はこの木が鳥たちのレストランになるはず。

しばらくの間、センター駐車場脇のセンダンレストランにおいて、シロガシラが観察できます。時折、ヒヨドリやシロハラも混じっているので(シロガシラの圧力に押されていますが)よ〜く観察してみてください。 モッチー
posted by yambaru at 11:31| 生きもの