2010年11月09日

チョウチョのオンパレード!

あわただしく、11月に入りました。
だいぶ空気も冷え込んで来ました。

せっかくネタはいくつかたまっているのに、
ついついブログの更新も遅れがちになってしまいます。

10月下旬、大宜味村内で遊歩道ルートの下見中に、
たくさんのチョウチョに遭遇しました!
あっけにとられるほど、多くの種類と数のチョウチョが飛び交っています。

※記事掲載後、チョウチョの種名にいくつか
間違いがあったことをご指摘いただいて修正しています。



リュウキュウアサギマダラ。
うすいブルーの模様がなんとも言えずきれいです。
IMG_9349リュウキュウアサギマダラ.JPG

こちらはアサギマダラ。
似ていますが色合いと模様がちょっと違います。
はるばる本州まで長い旅をするそうです。
IMG_9553アサギマダラ.JPG


イシガケチョウ
面白い網の目のような模様です。よく地面にも止まっています。
IMG_9359イシガケチョウ.JPG

ツマムラサキマダラ。
オスの羽先の深いブルーが、羽ばたくたびにきらめいて本当にきれいです。

IMG_9365ツマムラサキマダラ.JPG

こちらはペアです。
沖縄には近年土着したそうです。
IMG_9548ツマムラサキマダラ(ペア).JPG

ウラナミシロチョウではなくウスキシロチョウ
全身クリーム色で、近くで見るとなんだか宇宙人のようです。
IMG_9405ウラナミシロチョウ.JPG

ナミエシロチョウのメス
黄色があざやかで目を引きます。
IMG_9399ナミエシロチョウ(メス).JPG

アカタテハ?かヒメアカタテハ??
これもまた初めて見ました。
IMG_9427アカタテハ?かヒメアカタテハ.JPG

キタテハ?ではなくツマグロヒョウモンのオス
太陽の光に透けて、模様がひときわきれいです。
IMG_9435キタテハ?.JPG

シロオビアゲハ
よく見る大型のアゲハチョウです。
IMG_9443シロオビアゲハ.JPG

アオスジアゲハ
青い模様がよく目立つチョウです。
IMG_9389アオスジアゲハ.JPG

小さな小さな、ウラナミシジミではなくクロマダラソテツシジミ
よく見るとかわいい顔をしています。
ソテツの葉に止まっていました。
IMG_9530ウラナミシジミ.JPG

優雅で美しいツマベニチョウ
フヨウの花の周りをふわりと飛ぶ様子が、たまらなく素敵です。
オレンジ色の模様が、いかにも南国的な雰囲気です。
IMG_9461ツマベニチョウ.JPG


わずか30分ほど、距離にしても100メートルほどの間で
これだけの種類を次から次に見ることができました。
まるで魔法のようです。
この秋の季節、あたたかく気温が上がった日にはとりわけ多く
見ることができるそうです。

チョウチョといえば、モンシロチョウやアゲハチョウぐらいしか
身近には見ていない(ような気がする)私からすると、まさに驚異です。
ここに載せた写真だけでも12種類。
(種名を調べましたが、間違っているものがあったらごめんなさい)

これもまた、身近に見られる生物多様性です。
やんばるってスゴイな〜と、また思った秋の一日でした。


by.K


posted by yambaru at 15:54| 生きもの