2010年05月05日

やんばるのいのちえがいてみよう

 ただいま、環境省地方環境事務所・関係機関のビジターセンターなどの施設で連携して「地球のいのち、えがいてみよう」という企画を行っています。
 やんばる野生生物保護センター(ウフギー自然館)でも、リニューアルオープンにあわせ、「やんばるのいのちえがいてみよう!!」と題し、この企画に参加しています。
 この企画では来館してくれたお客さんに、その地域で見た生きもの、好きな生きもの、守りたいと思う生きものを絵やぬりえ、折り紙などで表現してもらい、それぞれの自然が描かれた下絵に貼り付け、1枚の大きな絵をみんなでつくりあげていくものです。
 ちなみにこの下絵は地元のボランティアの方に描いてもらいました。すばらしい!!
Str.JPG

 ウフギー自然館では、下絵に直接貼るだけでなく、紐に塗り絵や折り紙を結びつける方法もとっています。
tr.JPG

 (1)tr.JPG
 サンゴや流木などを使って立体的にしてみました。
 もちろん、サンゴ、流木に直接貼ってもらってもOKです。

Gtr.JPG
 あいっ〜!?
 ほとんどが紐に結んでいますね〜。

 結んである絵の裏にはその生きものへのメッセージや、その生きものが思っているであろう願い事も書いてもらっています。

bZ[WiLmjtr.JPG
 カラフルなキノボリトカゲ
 裏をみると・・・
bZ[WiLmjtr (1).JPG
 キノボリトカゲものびのびと遊びたい!!

bZ[WgQ (1)tr.JPG
 オキナワトゲネズミ(世界でもこのやんばるにしかいません)
裏をみると・・・
bZ[WgQtr.JPG
 その通り!!大切にしなくてはいけませんね。

 他にもたくさんのメッセージを書いてもらいました。
bZ[W (1).JPG

bZ[W (2)tr.JPG

bZ[W (3)tr.JPG

bZ[W (4)tr.JPG
みんながこんな思いを持ってくれているのを知ってとても嬉しいです。

ウフギー自然館にはぬりえのほか、色紙や折り紙も用意してあります。
このイベントは5月の16日まで行っています。
みなさんもご来館の際にはぜひ参加してください。
もちろん大人でもOKです。
見ているだけでも楽しいかも。







posted by yambaru at 16:18| イベント関係