2016年12月30日

年の瀬

こんにちはかわいい

やっと寒くなったかと思ったら、
またまたクーラーが必要な程の暑さになったり
気候はコロコロ変わっていますが、
変わらず年の瀬を感じさせてくれるキビ刈り風景…。

DSC_0839.JPG

DSC_0841.JPG

DSC_0837.JPG

今年も残り後一日…。

昨日の続きの今日ですが、
なぜか気持ちが引き締まる年の瀬…。

2016年も、たくさんの出会いと笑顔と笑いに溢れる一年でした。
そして、たくさんの皆様にお世話になりました。
ありがとうございました。

ウフギー自然館、年明けは1月4日(水)より開館です。
2017年も、多くのみなさまのご来館を心よりお待ちしています。

来年も、どうぞよろしくお願い致します。

by.Nao
posted by yambaru at 22:36| 日記

2016年12月25日

Xmasの天使

こんにちはかわいい

2年に一度、Xmasの頃に発生する「ケブカコフキコガネ」。
なかなか出会えない虫でしたが、
今年は意外にもよく見られるようです。

Xmasの本日、
まさにプレゼントのように姿を見せてくれたこの子!

CIMG0557.JPG

夜行性なので、大きなかっこいい触覚は閉じたまま…。
なぜかコロンコロンとひっくり返ってばかりいます(笑)。

CIMG0555.JPG

また次は再来年だね。
2年後も、元気に姿を見せてくれますように…。

CIMG0560.JPG

それにしても、
やっぱり胸元のモフモフが、似てるよね〜…。

CIMG0573.JPG

ヒカゲヘゴの新芽…(笑)!


by.Nao
posted by yambaru at 00:00| 日記

2016年12月24日

落ち葉集めボランティアA

こんにちはかわいい

クリスマス前の3連休初日のボランティアイベント!

20161218_151604.jpg

天気にも恵まれ、充実した奥山での一日を過ごせました。
今回は、最初から2班に分かれての作業です。

【落ち葉集め班】
CIMG0480.JPG

CIMG0534.JPG

CIMG0535.JPG

CIMG0533.JPG

CIMG0510.JPG

CIMG0502.JPG

CIMG0515.JPG

DSC_0858.JPGDSC_0858.JPG

CIMG0547.JPG


林道上には、フカフカの落ち葉がたくさん!
クイナたちへのXmasプレゼントをたっぷり集めることができました。


【外来植物駆除班】
CIMG0482.JPG

DSC_0798.JPG

DSC_0838.JPG

DSC_0793.JPG

CIMG0529.JPG

DSC_0805.JPG

CIMG0499.JPG

施設の隅っこの外来植物アメリカハマグルマの群生を、根こそぎ引き抜く駆除作業!
皆さんの頑張りで、こんもりした群生が跡形もなくなりました。


☆はるばる辺野喜の山奥まで作業に参加して下さった皆さま、
☆快く施設を貸してくださったオーナー、管理人さま
☆参加者の案内とお弁当の配達で、遠くまで2往復もしてくれた観光案内所のKくん、
☆たまたま現場で寛いでいたところにお邪魔した挙句、温かい紅茶を振る舞って頂いたT先生
☆割引チケットを提供して下さったYuiカフェさん
☆おやつ&お土産用にバナナを房ごと持って来て下さったMさん

皆さま、本当にありがとうございました。

参加してくださった皆さんの活躍で、クイナケージ用の落ち葉もたっぷり集まり
アメリカハマグルマの群生もなくなり、すっきりサビサビー(清々しい)となりました。

穏やかな晴天の下、作業で汗を流し、
各地から参加した方々とのユンタクもはずみ
見つけた生きものに歓声をあげながら
やんばるの山奥で、過ごしたゆったりとした時間…♪

CIMG0526.JPG

参加された皆さんにとって、
素敵なXmasイブイブになってたなら 嬉しいな…(*´艸`*)♪

P1120604.jpg

※7/17の記事「落ち葉集めボランティア」も、ぜひご覧ください。
http://blog.ufugi-yambaru.com/s/article/176706241.html

by.Nao
posted by yambaru at 23:17| 日記

2016年12月02日

2016年02月07日更新記事 “食べ散らかすのは…?”の答え合わせ


こんにちは晴れ上ARです。
私からのブログの更新は、すごーく久しぶりです。

さて、今年のやんばるは、台風の接近や直撃がなくてとても暑い夏でしたあせあせ(飛び散る汗)
10月には季節風のミーニシ(新北風)が吹き始めましたが、また暑くなったり…を繰り返し、
11月中旬からやっと肌寒いと思える日が増えてきました。

1年中、緑豊かなやんばるですが、涼しくなってくるとちゃんと景色に秋が感じられるんですよ。
161129satoukibi.jpg
肌寒いなぁと感じるころになると、サトウキビの花が咲き始めます。
ウフギー自然館へ向かう途中のサトウキビ畑でも、フワフワと柔らかそうに白銀色の穂がゆれています。
背景にはセンダンの実が黄色く熟しているのが見えますね。

こんな景色がやんばるの秋です。

ウフギー駐車場のセンダンも、黄色く色づいています。
161202.jpg
台風が来なかったおかげなのか、大豊作exclamation

このセンダンの実は、野鳥にとっては冬のごちそうです。
どんな鳥がやってくるのでしょうか…?
前年の冬の様子を紹介します。

IMG_6378シロハラ.JPG
シロハラ(冬鳥)
11月後半になると沖縄にやってくる渡り鳥。“ポァポァ、クワァワァっ”のような丸っこい声で鳴くので、方言名でクァックァラーと呼ばれています。
センダンの実が大好きで、多い日は10羽以上の群れで食べに来ます。
真ん中のシロハラは、左のコに実をとられそうになったのか、怒ってました。
その右下では、バレない様にこっそり丸のみ…

枝に実がなくなると、落ちている実を探します。
IMG_6735シロハラ地面.JPG
美味しいのあるかな…。

IMG_6738シロハラ地面.JPG
あったるんるん

次にやって来たのはリュウキュウヒヨドリ(留鳥)
IMG_6784Rヒヨドリ.JPG
方言ではスーサー、プーシーと言われています。
シロハラより少し小さくて、なかなか上手に実がとれません。

そんな時は…
パクっとくわえて…
IMG_6797つまむ - コピー.JPG

グイーっと飛びながら引っ張ってとります。
IMG_6798飛ぶ - コピー.JPG

冬は、このリュウキュウヒヨドリ以外にも内地から渡って来るヒヨドリも見られます。
IMG_6818ヒヨドリ.JPG

リュウキュウヒヨドリよりもちょっと大きくて、胸のこげ茶色がありません。
違いがわかりますか?


お次にやって来たのはタイワンシロガシラ(外来種・留鳥)。
IMG_6750シロガシラ.JPG

ヒヨドリに近い仲間ですが、これまた体がひと回り小さくて実を上手く採れないので…

IMG_6763シロガシラ食べる.JPG
お上品に枝についたまま果肉を食べます。

センダンを食べるシロガシラはヒヨドリに怒られ…
IMG_6808シロガシラヒヨドリ.JPG

そのヒヨドリはシロハラと実をとりあい…
IMG_6810ヒヨドリシロハラ.JPG

センダンの実は大人気ですね。

おや、ハシブトガラスがやってきました。
このこもセンダンの実を食べるんでしょうか…?
IMG_6352ハシブトガラス.JPG

センダンの実よりも大きくて黄色い実を持ってきました。
IMG_6304カラスミカン.JPG

ん…?
IMG_6303カラスみかんを食べる.JPG

これは…。
シークァーサーですね。

そう、2016年02月07日の“食べ散らかすのは…?”の答えは「ハシブトガラス」でしたーexclamation

タイトルから答えまで、かなりもったいぶってしまいましたが、ウフギー自然館にやってくる鳥たちの様子をちょこっと知ってもらえましたでしょうか?

今季の冬も、ウフギーのセンダンではこんなドラマ(?)が繰り広げられることでしょう。
ぜひ、ウフギー自然館に遊びに来て下さいね。
上ARでした目
posted by yambaru at 16:57| 日記