2016年06月21日

絵本「ノグチゲラの親子」ができるまで

こんにちはかわいい

梅雨明けと同時に、ギラギラの日差しが照りつける夏日!
暑いですね〜あせあせ(飛び散る汗)

外での活動の際は、水分補給をこまめにされて下さいね。

さて、待望の郷土の生きもの絵本「ノグチゲラの親子」が小学館より発行されて
間もなく1年…。
満を持して、著者:渡久地豊さんのウフギー自然館での講演会が下記の日程で
開催されます。

【講演会】
「絵本『ノグチゲラの親子』ができるまで 〜あなたの心に鳥の奏を〜」
・日時 : 平成28年6月25日(土)18:30〜20:30
・場所 : ウフギー自然館 レクチャールーム
・参加 : 無料(事前申し込み不要)

160625noguchigeranooyako.jpg

絵本ができるまでの経緯はもちろん、野鳥と関わるようになった中学時代の
不思議で愉快なエピソード、世界と繋がる野鳥観察のおもしろさなどを
映像を交えて紹介します。

人と人との縁の不思議さ、面白さ、夢を持ち続ける事の大切さ、地球規模で生きる
渡り鳥のスケールの大きさなどを実感させてくれるお話です。

お話を聞いた後は、きっと身近な野鳥を見る目が変わるはず…るんるん
ぜひ、親子でお話を聞きにいらして下さい!

また、昨年秋より行っている「『ノグチゲラの親子』読み聞かせキャラバン」も、
やんばる3村の全小中学校での読み聞かせを目標に継続して取り組んでいます。
(元学校図書館司書の人脈を活かし、Naoがマネージャーを務めてます(笑)!)

CIMG8632.JPG
第一回目の大宜味小学校にて  ※旧大宜味小学校は4月より統合の為廃校となりました。

CIMG8628.JPG
優しく穏やかな語り口が素敵です♪

まだの学校で読み聞かせのご希望がありましたら、ぜひぜひご連絡ください。
朝の読み聞かせの時間(15分〜20分)などに、パワーポイントで映写しながら
渡久地さん本人が読み聞かせを行います。
(1時間の講話も可能です)


名護市呉我出身の渡久地さんが、他所の地に出て暮らすうちに初めて気づいた
やんばるの自然の素晴らしさ…。
この素晴らしくかけがえのない自然と、そこに息づく生きものたちを知り、守り、
活かす人材が地元から育ってほしい!というのが渡久地さんの願いです。

1466501171871.jpg
佐手小学校へプレゼントした絵本。
読み聞かせを行った各学校へ、サイン入り絵本を贈呈しています。

この絵本は、渡久地さんから若い皆さんへの「バトンタッチ」の思いも
込められているのです。

by.Nao


posted by yambaru at 18:03| 日記