2015年03月29日

第5団来館

こんにちはかわいい

良い天気の日曜日!
さくらんぼ.jpg

春の実りもたっぷり楽しめるやんばるです。
今年は、いつにも増してサクランボの実り具合がいいようです。
さあ、収穫して何を作ろうか…るんるん

そんな春真っ盛りのやんばるに、やんばるの生きものについて学ぶため
「ガールスカウト沖縄県連盟第5団」の皆さんが来館されました。

DVD視聴、館内見学、質問タイムのあと、学習内容をまとめ、
スカウトとリーダー向けに発表。
それぞれの課題についてレンジャー(高校生のお姉さん)たちが
野外で発表会を行いました。

年齢で、ブラウニー(小学校低学年)、ジュニア(小学校高学年)、
シニア(中学生)、レンジャー(高校生)と、部門が分れるのだ
そうです。
今日は4つの部門の皆さんとリーダーさんで、21名が来館でした。

Naoは、残念ながら発表の様子を見る事は出来なかったのですが
学びの森に宿泊し、「クイナの森」のキョンキョンに会ってきたり、
センターでしっかり学習した成果が出ていたものと思います。

よく頑張りました!

帰り際に、まとめや発表をしている間に作った草玩具の「金魚モビール」を
プレゼントすると、なんと逆にお礼のプレゼントが…!

CIMG6504.jpg
梱包用のテープで子ども達が作った「ヤンバルクイナのストラップ」と
ガールスカウトオリジナルのあめ玉!
チョ〜嬉しい♪

ガールスカウトのみなさん対応中に、事務所を預かって下さった
T先生の分も頂きました!

とっても嬉しいので、T先生と二人お揃いでストラップ使いますね♪
第5団の皆さん、どうもありがとう!

ガールスカウト来館.jpg

これからも、色んな活動がんばってくださいね。
ぜひ、また皆さんで遊びに来て下さい。

お揃いでクイナのストラップ…、
T先生どんな顔するかな〜(笑)!

by.Nao







posted by yambaru at 19:45| 日記

2015年03月24日

子ども達とネズミたち

こんにちはかわいい

今日は、やんばる学びの森から「子ども環境サミット」2グループの皆さんが
やんばるの自然を学習するため、来館しました。

環境サミット2.jpg
午前中に「森に関わる仕事」班9名。

環境サミット1.jpg
午後は「やんばるの生きものとロードキル」班7名。
あっ、大きな機材を抱えたおじさんたちはテレビ取材のスタッフの方(笑)!

環境サミット3.jpg
2グループとも、それぞれの課題について一生懸命調べ、質問していましたよ。

2泊3日の「子ども環境サミット」。
学びの森やウフギー自然館、その他の施設で、
やんばるの自然環境について学ぶ子ども達の様子が
テレビで放送されるのが楽しみです。

そんな、子どもが興味津々で触れて確かめていた展示…!
「やんばるのネズミたち」

ネズミ展示.jpg

やんばるの森に棲む不思議なネズミ「ケナガネズミ」の仮剥製に自由に
触ったり、エビフライの様な食痕(食べ跡)を手に取ってみたり。
「トゲネズミ」と「ケナガネズミ」、森に生きる貴重なネズミたちを紹介して
います。

赤ちゃんネズミの仮剥製に触れ、「わぁー、ふわふわ〜!」「大人と全然違う〜!」と
歓声をあげていた子どもたち…。

そうなんだよ、
まだまだ詳しい生態のわからない、不思議な生きものがやんばるの森にはいるんだよ。

トゲネズミ.jpg
トゲネズミ骨格標本と剥製



そんな不思議なネズミたちについての講演会「やんばるに棲む不思議なネズミたち」が
今週金曜日(27日)18:30〜20:00より、ウフギー自然館レクチャールームにて
開催されます。

講師は、やんばるの森で継続して分布調査を行っている岡山理科大学の城ヶ原貴通先生。
現場で見えてきた事、研究室で見えてきたこと、すこ〜しずつわかってきたネズミたちの
姿を地元の皆さんにお伝えします。

「やんばるの不思議なネズミたち」チラシ.jpg

ネズミっ!と毛嫌いせずに、森に暮らす妖精のような不思議なネズミたち「アージ(方)」の
お話を聞きに来ませんか。

たくさんの皆さんのお越しをお待ちしていま〜す。

by.Nao
posted by yambaru at 09:25| 日記

2015年03月22日

大勢のお客様

こんにちはかわいい

もうすっかり春の陽気に満ちたやんばる…るんるん
センター駐車場のナンゴクネジバナもニョキニョキと伸びてきています。

ナンゴクネジバナ.jpg

そんな春めくやんばるに、とても珍しい大勢のお客様が…!

アオサギ群れ.jpg
アオサギの大きな群れが、奥間ターブクにやってきました。

アオサギ群れ2.jpg
アオサギが、単独でこんなに大きな群れになるのはとても珍しいそうです。

アオサギ群れ3.jpg
3/9(月)に75羽を確認、翌日には114羽に増えていました。

トラクターとアオサギ.jpg
作業中のトラクターを怖がる事もなく…。

2飛ぶアオサギ.jpg
何かの拍子に一斉に飛び立つと…

飛ぶアオサギ.jpg
近くの森をめざします。

山のアオサギ.jpg
よ〜く見ると、森には点々とアオサギの姿が確認できます。

枝のアオサギ.jpg
近くで見ると、まるでアオサギが生っているよう(笑)!

佇むアオサギ.jpg
日本で見られるサギ類で一番大きなアオサギ。
冬鳥として沖縄に飛来し、また春になると繁殖の為九州以北へと渡ります。
大きな鳥なので一羽でも迫力ありますが、集団で目の前にするとさらに迫力が…!


マントのアオサギ.jpg
佇む姿は、まるでマントを被った怖い人のようにも見えます(笑)。

アオサギ飛翔.jpg
最大125羽にまで増えた群れは、無事11日の夕方に旅立ちました。

奥間ターブクで確認される前の7日(土)に、屋我地の饒平名干潟で60羽を
確認した渡久地さんによると、向かう先の天候の回復を待っている間に、
どんどん数が増えたのだろうという事です。

125羽もの大きな群れは、県内では初めて確認されたという事です。

アオサギ達、今頃はどのあたりなんでしょうか…。
奥間ターブクに立ち寄ってくれてありがとう♪

こんな環境がすぐ近くにあるのっていいなぁと実感した数日間でした。
3日間、アオサギ観察とこまめな情報を提供頂いた嘉陽さん、アオサギや渡りについて
色々とおしえて下さった渡久地さん、どうもありがとうございましたるんるん

アオサギたちの旅の無事と、来年の再会を祈りたいと思います。

by.Nao




posted by yambaru at 19:14| 日記